がんと電波

ホームへ戻る >  相場の安い木造の家を建てよう  > がんと電波

よく、電波を浴び続けるとがんになると言われていますが、実際のところ、直接的な影響はまだ解明されていません。特に携帯電話の普及で、携帯電話の電波の影響が取り沙汰されていますが、こちらも詳しいところは解明はされていません。研究者によっては携帯電話の電波ががんと直結していると考えられていたり、逆に携帯電話の電波は人間の体に非常に良いという見解もあります。

まだまだ解明されていない電波の影響ですが、こんな気になる体験談があります。昔から胸ポケットに携帯を入れることが多く、仕事中も常に胸ポケットに携帯を入れている方が、ある日息が詰まったような感じがし、どうしたんだろうと思い病院に行きましたが特に異常はありませんでした。しかし、息苦しさは続き、ふと携帯に目が行きもしかしてと思い携帯を入れる場所を通常のポケットに切り替えました。すると数日もしない内に胸の苦しさがとれたといったことがあるようです。このように、昔では考えられなかった電波が人間の体調に何らかの影響をもたらしているかもしれない可能性もあるのです。


また、がんは、複数の要因が重なって発生するため、携帯電話の電波ももしかしたら例外ではないかもしれないのです。少しでもがんに結びつく要因は排除することが日常から重要でしょう。また、近年では、電波だけではなく、食生活の乱れからがん発生率も上がっておりますので、少しだけ自分の日頃の行動を見返してみましょう。