大阪市の注文住宅の相場

ホームへ戻る >  相場の安い木造の家を建てよう  > 大阪市の注文住宅の相場

大阪市の注文住宅の相場は平均より高めです。特に大阪市の中心地に家を建てた場合、家の工事費が3000万円以上、土地代まで含めたら5000万円を超えるかもしれません。ただし大阪市は地域によって違いがあり、郊外の土地に注文住宅を建てたら工事費を3000万円台、運が良かったら2000万円台に抑えることができます。一般にJRや私鉄駅から近いところは注文住宅の相場は高いですが、少し離れたところになると安くなる可能性があります。


住之江区は閑静な住宅街で、環境も良いのでお子さんをお持ちの方にもお勧めの土地です。住之江区の注文住宅の相場は2000万円台から3000万円台で(土地代を含む)、大阪市の中では安いと言えるでしょう。予算に余裕があれば、グレードの高い家を建てることも可能です。その場合でも、住之江区なら総額で5000万円を超えてしまうことは少ないです。


西淀川区も相場もそれほど高くなく、3000万円台で家を建てることができます。阿倍野区のような中心地は相場が高く、総額が6000万円を超えることがあります。

大阪市の平均的な相場よりも低い値段で、注文住宅を作ってくれる業者もいます。大阪市の場合坪単価は50万円以上が普通ですが、40万円台や30万円台の家を建てることができます。あまり有名でないハウスメーカーや小さな工務店が狙い目です。家を建てる工法は、コストを抑えたいのであれば木造がお勧めです。最近は防火対策がしっかりとしていて、地震にも強い木造の注文住宅が増えてきました。施主側も積極的に家づくりに関われば、低いコストで建てられます。