家の形や土地と相場

ホームへ戻る >  相場の安い木造の家を建てよう  > 家の形や土地と相場

注文住宅の相場はいろいろなものに左右されます。まず挙げられるのが家の形です。シンプルな構造の家は相場が安くなります。反対に出窓などを多く作ると相場より高くなります。また土地の形も相場を左右します。正方形の土地に家を建てたら総額は安くなります。


正方形の土地の場合無駄が少ないので、家を建てる時のコストが上がらないのです。三角形の土地に建てたら外構費もかかってしまいコストが上がります。また四角い土地よりも多くの土地面積が必要になります。相場よりも安い注文住宅を作るなら、できるだけ正方形に近い土地を探しましょう。


家の前にある道路も注文住宅の相場を左右します。一般的に、前面の道路に一定の幅があると安いコストで家を建てられます。前面の道路が狭い場合、斜線制限によって家の形が削られてしまい、無駄の多い形になってしまうからです。土地の広さは広すぎず狭すぎないものが一番良いでしょう。土地が狭ければ、前述同様に斜線制限がかかり、広すぎると外構費用がかさみます。また、家が広くなると坪あたりの単価は下がります。裏を返せば、坪単価の低い狭小住宅を建てることはできません。

2階建ての注文住宅は相場より安く作ることが可能です。三階建ての場合も相場より安く作ることができますが、耐震性や耐火性にこだわると高くなる可能性があります。狭い土地の場合地下の部屋を希望される方がいます。一般に地下の部屋を作った家の建築費は相場より高くなります。注文住宅の相場を考えるときには建物の形と土地の形に特に注意しましょう。