注文住宅の打ち合わせと自然素材

ホームへ戻る >  自然素材の住宅用壁材  > 注文住宅の打ち合わせと自然素材

注文住宅に打合せはつきものですが、自然素材を使う場合契約前にも説明をしっかりと聞けた方がよいですし、契約後も施主が希望している自然素材を積極的に取り入れてもらう姿勢が大事です。ポリシーを持って工務店を維持している事が多い注文住宅のメーカーですが、したことのない施工や新しい素材を歓迎しない事がまれにあり、それで自分の思うような家づくりが出来ないと根底に何となく物足りない物を感じてしまいます。自然素材を使う以上、先に何が利点かを見極めると有効です。


何にしても打合せがすごく得意、という人と、あんまり得意でないという人が居るものですが、結局自分の意見を言えるか、根拠をあげられるかという所にかかっているように思えます。

住宅もご多分に洩れず、営業担当に出来るだけ単刀直入に、自分の好きな素材とどのように使いたいかを言えれば、それはまずまず現場でかなえてもらえます。


注文住宅メーカーはポリシーのある営業社員がいなければ成り立ちませんから、疑心暗鬼になる事なく打合せ時にきけることがあれば全部聞いてしまいましょう。そして、漆喰なら漆喰、無垢のフローリングならフローリングと、自分の思い入れのある商品をよく整理して気持ちに共感してもらえるように、使いたい旨話すのが得策です。営業担当と気が合えば、当然調べごとを代行もしてもらえる為、一層その建材が入って住まいが仕上がるのを楽しみに待てるという訳です。打合せを行う場所にもよりますが、遠慮なく思いのたけを伝えて下さい。