不動産賃貸探しのコツ:家具を置く場所のサイズ確認

ホームへ戻る >  歯列矯正で有名な歯科医院  > 不動産賃貸探しのコツ:家具を置く場所のサイズ確認

不動産や賃貸物件を探すときには、ある程度コツを知っておくのが必要です。そうすることで、賃貸探し・不動産探しや引っ越しという過程において、無駄をなくすことができるからです。不動産や賃貸を探すときの「無駄」とは、情報収集をしていないことによってたくさんの物件に足を運んでしまうこと。そして、決めた物件で「こんなはずではなかった」と思ってしまうこともひとつです。小さなポイントではありますが、気持ちよく生活をスタートさせるには、押さえておきたいことはありますよね。そのひとつが、家具や家電を置く場所の確認です。


特に確認しておきたいのは、大型家電を置く場所。冷蔵庫や洗濯機は特に、事前に確認しておきたいですね。たいていの物件では、冷蔵庫の場合60センチ四方、洗濯機を設置する防水パンは60センチ×80センチのスペースが一般的。

もちろん、ファミリー向けのマンションと一人暮らし用のマンションではスペースが変わってくる場合もあります。ただ注意しておきたいのが、ファミリー向けの物件でも、一人暮らしに適したスペースしかない物件もあります。それを確認しておかないことによって、現在持っている家電がそこに設置できないこともありますので、注意したいですね。


また、もしも持っている家具のなかで大きいものや大切にしているものがあれば、それを設置するイメージを持つためにも、メジャーを持って行って物件のあちこちを測ることをおすすめします。