矯正治療費用の地域差

ホームへ戻る >  歯科クリニックの院内業務マニュアル  > 矯正治療費用の地域差

歯列矯正治療は自由診療扱いなので治療内容や病院によって費用は様々です。そして、治療を受ける病院が経営をしている地域によっても差があります。国立大学系列の病院の場合には日本全国で格差ははありませんが、その他の病院では首都圏の方が費用が高くなっている傾向があり、地方都市の方が安い料金体制をとっています。特にこの傾向が強いのが個人の開業医です。このような地域差は他の分野においてもよくみられる現象です。


しかし、平均的な治療費をアメリカと比較すると、都市部の平均的な治療費の方が安いという統計が報告されています。数値のみで判断すると必ずしも日本の歯列矯正にかかる費用は高いわけではないのです。

料金の比較では都市部の方が高い設定になっていますが、利用金に比例して歯列矯正の技術も高いというわけではありません。どこの病院で治療を受けるのが最も適切なのかということは、カウンセリングを受けて見なければわかりません。医師に相談をして治療計画や方針を立てて、費用の見積もりを出してもらって初めて治療が開始されるのです。自分の症状の把握をきちんと行わなければどのような治療が適しているのかはわからないのです。


それ以前の病院探しには、インターネットが便利です。口コミや病院のホームページから情報を入手して、どのような治療が行われているのかを知るだけでも役に立ちます。費用には地域差はありますが、技術的には地域差はないと考えてよいでしょう。