歯科医院ごとの矯正治療費用の違い

ホームへ戻る >  歯科クリニックの院内業務マニュアル  > 歯科医院ごとの矯正治療費用の違い

歯列矯正にかかる費用は安いものではありません。虫歯なら、歯科医院に数回通えば治療することができますし、健康保険が適用されますので診療報酬に大差はありません。しかし、歯並びを矯正する場合には自由診療扱いとなりますので、病院ごとに費用の設定がされています。したがって、費用格差も生じるのです。


ただ、病院のホームページなどをチェックすると、治療内容や料金についての詳細な内容を知ることができます。治療にかかる費用の目安がわかりますので利用すると便利です。もちろん、患者の口腔内の状態によって診療内容も異なりますので個人差はあります。他の病院と費用の比較をすることもできますので、どの程度の格差があるのかもチェックできます。

たとえば、国立大学病院系列の歯科医院の場合には日本中均一料金と考えてよいでしょう。組織が同じなのでどこで治療を受けても費用格差はありません。これが私立の大学病院系列の場合には、大学病院によって費用が異なります。国立系列の病院よりは高い費用が必要です。さらの費用の格差があるのが個人の矯正歯科医院です。


初診料、基本料金、技術利用など費用設定は様々です。仮に1回の診察費用が安くても、治療期間が長くなればトータルでかかる費用は大きくなります。また、高めに設定されているとしても短期間でしっかりと治療ができる場合には案外安い費用で治療を終えることができるのです。病院によってはパッケージになっていることもありますし、クレジットローンを組める病院もあります。