矯正治療が可能な年齢

ホームへ戻る >  歯科クリニックの院内業務マニュアル  > 矯正治療が可能な年齢

歯並びの矯正は年齢に関係なく治療することができます。たとえば永久歯に生え変わる10歳前後から13歳くらいまでは、新陳代謝も活発ですし治療の効果が出やすい年齢です。骨もまだ柔軟性がありますので一般的な期間よりも短期間で治療することができます。ウェディングに備えて歯並びの矯正をする人がいます。ウェディングは一生の思い出になりますのでキレイな自分を来賓に見てほしいという夢を叶えるチャンスなので、気になる部分は全てきれいにしたいと考える人が多くいるのです。また、口元が歪んでいると見た目も他人に与える印象もよくありません。そのため就職活動に備えて歯並びを矯正する人もいます。さらに、加齢によって歯茎が痩せることで歯並びが悪くなるケースもあります。


矯正装置は患者の症状にあった治療方法を決め、装置を取り付けます。もっともオーソドックスで費用がかからないな方法は金属製のブラケットとワイヤーを利用した方法です。しかし、口腔内の状態が適していない場合には、他の方法を利用するしかありません。この場合には、費用の負担が多くなります。患者によっては体に負担がない方法を利用するなどの配慮も必要になります。インプラントは費用がかかりますが、人口の歯でも入れ歯より快適に生活をすることができ年齢に関係なく高齢者でも施術できる歯列矯正法なのですが、糖尿病や心臓病などの慢性疾患を抱えていると手術が難しいのです。確かな技術と知識のある病院で相談をするとよいでしょう。